格安SIMシェアNo.1のIIJmio

モバイルサービスの総回線数が150万回線を突破し、「個人向けSIMカードシェアNo.1」「お客様満足度No.1」など、高評価なSIMで有名なIIJmioの格安SIM。

今回、IIJmioの格安SIMを実際に使用してみたので、紹介を兼ねた使用体験談を書きたいと思います。

国際電話の通話料が最安

他のサービスと、費用を比べてみました。

項目 BIGLOBE IIJmio
プラン 3ギガプラン 3GBミニマムスタートプラン
初期費用 3,394円 3,000円
基本料金 1,600円 1,600円
通話料金 国内:10円/30秒※1
海外20円/30秒※1
国内・海外:10円/30秒※2

※1:専用アプリ「BIGLOBEでんわ」使用時。
※2:専用アプリ「みおふぉんダイアル」使用時。

IIJmioは、専用アプリの「みおふぉんダイアルアプリ」を使用することで、国内も海外も10円(税抜)/30秒で利用でき、国際電話に関しては他のサービスと比べても一番安いのではないでしょうか。

海外への電話(国際電話)の場合は、対応している国にしか適応されませんので、そこは公式ホームページで事前に確認しておく必要がありますが、少なくても32カ国には対応しているので主要国は網羅していると思います。

データ繰り越しサービスが凄い

今回私が購入したタイプは、「3GBミニマムスタートプラン」の「音声通話機能付きSIM みおふぉん」です。

IIJmioの格安SIMプランは、「データ容量」×「使用用途(データのみ or SMS付き or 音声通話機能付き)」の組み合わせで選ぶことになりますが、それぞれ3タイプずつなので選択するのが大変という印象はありませんでした。

私の場合は、「データ容量:3GB」+「音声通話機能付き」のプランで契約しました。

バンドルクーポンで毎月データを繰り越し

IIJmioでは、「バンドルクーポン」を使用してデータ容量を翌月に繰り越せるという大きな特徴があります。

このクーポンの容量は申し込みプランごとに決まっています。

  ミニマム
スタートプラン
ライトス
タートプラン
ファミリー
シェアプラン
バンドルクーポン 3GB 6GB 10GB

このバンドルクーポンは、毎月割り当てられ、その月に余ったデータ容量は翌月に繰り越されます。

もし月内でバンドルクーポンを消費してしまった場合、例えばミニマムスタートプランで、3GB以上使用してしまった場合などは、追加でクーポンを購入することもできるので、3GB以上使えない!ということはありません。

専用アプリでデータ使用量をカンタン制御

バンドルクーポンは毎月割り当てられますが、だからといって気にせず使い放題!という訳にもいきません。できればデータ残量も知りたいです。

そこで、IIJmioでは専用アプリ「IIJmioクーポンスイッチ(みおぽん)」が提供されています。

今私が使っている携帯電話の使用残量です。
現在の総残量は4,620MBで約4GBですね。プランはミニマムスタートプランですが、前月までのデータ残量が繰り越されているので今月は4GBもありますね!

電話番号の隣にスイッチ(ON/OFF)があり、これを切り替えることで低速モード/高速モードを切り替えることができます。
なので、そんなに使いたくないという時はこのスイッチをOFFにして使用量を節約することができます。

通信速度をチェックしてみました

それでは、通信速度がどれくらいなのかチェックしてみます。

新宿のビジネス街で13時頃に計測した結果です。回線はdocomo回線です。
何度か計測してみましたが、下りは最高15.6Mbps平均約11Mbps、上りは最高2.4Mbpsで、平均約1Mbpsでした。

やはりキャリアに比べると速度が劣りますね。上りに関してはとても遅い印象です。
データをダウンロードする(ブラウザを読み込んだり、画像を読み込んだり)には比較的大丈夫そうですが、データのアップロード(画像や動画を投稿したり)のはこれではかなり時間がかかってしまうと思います。

実際の使用感の違いは?

低速モード/高速モードでの使用感の違いですが、やはり低速モードにしている場合インターネットの接続速度は遅いと感じますが、IIJmioは低速モードの場合でもはじめの一定量だけ高速通信できる「バースト転送」で画面が表示されるのに時間がかかるというストレスは感じません。

動画の読み込みはやはり遅いので、動画アプリの使用は難しいです。

FacebookやInstagramなどのソーシャルアプリの閲覧はできますし、チャットアプリも問題なく使えました。ゲームも意外とスムーズにできました。

しかし、やはりSNSサイトなどに自分の撮った写真をアップロードするのは時間がかかります。なので頻繁にアップロードをするような場合にはあまり向いてないと思います…。

低速モード/高速モードでの使用量の違い

高速モードに設定すれば、低速モードで使用する時よりもデータ残量の減りは大きくなりますが、常に高速モードで使用し続けてもデータ残量はそこまで減りません。

使い方次第になるとは思いますが、Wifi環境ではない電車の中などで動画やオンライン音楽などを頻繁に聞かない限り、高速モードに設定したまま使い続けてもデータ量はそんなに減らないと思います。

私はいつも電車の中で毎日チャットアプリとSNS、オンラインゲームをしていますが、毎月繰り越しできるぐらいデータが余っています。

支払い方法や契約面について

在留カードは必要?

IIJmioを契約する時、音声通話機能付きのプランを契約する場合は、本人確認書類として「在留カード」が必要です。

他のサービスとも同様ですが、音声通話機能付き以外のものや、プリペイドではない限り「在留カード」必須ですね。

支払い方法はクレジットカードのみ

IIJmioの場合、支払い方法はクレジットカードのみだそうです。

なので、日本でも使えるクレジットカードを持っていない場合には契約することができません。

日本でも使えるクレジットカードを持っていない方や、現金や口座振替を使用したい場合には向いていないですね。

最低利用期間・違約金について

音声通話機能付きSIMの場合、最低利用期間は12ヶ月です。

12ヶ月以内に解約する場合には、「(12ヵ月-利用開始月を0ヵ月とした利用月数) × 1,000円(税抜)」の違約金が発生します。

まとめ

日本に住んでいて、自国にいるご家族や友人に国際電話をかけたい、という場合にはIIJmioのプランがオススメです。

最低利用期間が12ヶ月であることや、支払い方法がクレジットカードのみという点から、長期滞在者向けです。

今回は紹介しませんでしたが、IIJmioでは短期滞在向けの050IP電話も使えるプリペイドSIMも提供されているので、短期滞在の方はそちらも検討してみると良いと思います。

  • 家族に国際電話するならみおふぉん!

    IIJmio みおふぉん

    IIJmio みおふぉん
    提供会社名 月額基本料金
    株式会社インターネットイニシアティブ 900円〜
    最低利用期間 支払方法
    12ヶ月(音声通話機能付きSIMカードのみ) クレジットカード
    基本使用料+SMS付帯料+音声通話機能付帯料で月額基本料金が決まるとてもシンプルでわかりやすいプランです。
    docomo回線かau回線か好きな方を選べるので、お手持ちの端末に適合する回線タイプを選択する事が出来ます。
    【IIJmio みおふぉん】の詳細を見る