外国人が日本の携帯電話を契約する際に気をつけるポイント

外国人の方が日本の携帯電話を契約する際に気をつけないといけない事、注意しなければならない事がいくつかあります。

ここでは、外国人の方が携帯電話の契約を巡ってトラブルになりやすいポイントをご紹介します。

2年契約と契約解除料

日本の大手通信キャリアの携帯電話料金は、2年契約する事を前提に割引された金額をカタログなどに大きく記載しています。

そのため、カタログに記載された割引後の月額料金で契約を申し込むと2年間の契約となり、契約途中で契約を解除すると約10,000円の契約解除料が請求されてしまいます

格安SIMと呼ばれる、通信キャリア大手3社(docomo,au,SoftBank)以外の会社が提供するサービスの場合も、契約期間や契約解除料金の金額に違いはありますが、一定期間の定期利用契約が前提となっている事が多いため、契約時に必ず確認する必要があります

2年契約を断る事は可能?

可能です。

ただし、月額基本料金の割引やその他の割引が受けられなくなるため、2年間利用する予定がない場合でも2年契約をした方が結果的にお得になるケースが多いです。

選択した料金プランによって異なりますが、約半年以上利用した場合にその期間の2年契約による割引額の合計が2年契約の契約解除料金を上回るため、少なくとも半年は利用するつもりであれば、解約時に料金が発生する事を前提に2年契約した方が支払い総額は安くなります。

2年縛りは2年以上使っても無くならない

通信キャリア大手3社と一部の格安SIMの「2年契約」は、2年以上利用を継続した場合でも、解約をするタイミングによっては2年以内の解約と同様に約10,000円の契約解除料金が発生します。

簡単に説明すると、2年ぴったりで解約すれば契約解除料金は発生しませんが、それ以外のタイミングで解約する場合は2年以上使用していても契約解除料金が発生します。

2年間の契約が終了する際に契約を更新するか解約するかを判断し、解約せずに契約を更新した場合はそこからまた2年間の契約をした事になります。契約の更新には手続きは必要なく、自ら解約手続きを行わなければ自動で契約更新となりますのでご注意下さい。

解約したら解除料以外にも料金を請求された

大手通信キャリアの携帯電話を契約する場合、新品のスマートフォン本体を同時に購入するケースがほとんどですが、スマートフォン本体の購入代金が「持ち帰り0円」「実質0円」などとなっている事があります。

これは、端末の購入代金を12回や24回に分割して毎月の携帯電話使用料と一緒に支払う「割賦契約」を結ぶ事になります。

例えば、販売価格が72,000円するスマートフォンを24回の分割で購入した場合、2年間毎月3,000円を端末代金として支払う事になります。

「実質0円」とは、端末購入と同時に通信サービスを契約をした場合に、一定期間端末購入代金の分割支払い額と同額を毎月の通信サービスの利用料金から割り引く事で端末代金を「実質0円」と謳っています。

通信サービスを解約した場合は当然割引もなくなるため、未払いの端末代金がそのまま請求されてしまいます。

端末を同時に購入する場合は、端末の価格がいくらで、支払い回数と毎月の支払い額がどのようになっているかをしっかりと確認するようにして下さい。

審査に通らず契約ができない

携帯電話を契約する際は申し込みを受け付ける事業者ごとに所定の審査があり、審査結果によっては契約を断られる場合があります。

審査の基準は公表されていませんが、過去に料金未払いなど、未払いリスクの高いと判断された場合などは審査基準が厳しくなる事が予想されます。

外国人の場合は過去の未払い履歴がなくても、未払い料金が残ったまま帰国してしまうなど、未払い料金の回収が困難になるリスクがあるため、事業者によっては審査が厳しくなってしまう可能性も無いとは言い切れません。

契約ができなかった場合の対処法

希望するサービスに申し込みをした結果、審査により契約出来なかった場合は改めて別のサービスに申し込みする事になりますが、その際は以下の点に注意して申し込むサービスやプランを選択してみて下さい。

支払い方法をクレジットカードにする

クレジットカードを持っている場合に限られますが、毎月の料金の支払いにクレジットカードを使用する事でサービスを提供する側も料金の未払いリスクが減り、審査が通る可能性が高くなります。

端末は現金一括払いで購入する

スマートフォンを割賦払いで契約する場合、割賦販売を行う側は端末代金に関しても料金未払いのリスクを負う事になります。

端末購入代金を割賦払いにせず一括で支払い、販売者側のリスクを減らす事で審査が通るかもしれません。

審査に通りやすい事業者を選ぶ

審査基準が公表されていないためどの事業者が審査に通りやすいかは明確に回答する事が出来ませんが、「外国人専門」「外国人におすすめ」と謳っているサービスや事業者は外国人の契約に寛容であると考えられます。

また、留学生の方の場合、通っている大学や日本語学校で携帯電話会社を紹介してもらえる場合があります。

このようなケースでは、「特定の学校に通っている留学生」=「身元が保証され信頼できる外国人」と判断して審査が通りやすくなっている可能性があります。

学校で紹介している携帯電話会社がある場合は、その会社のサービスを検討してみるのも良いと思います。